〒990-0813 山形県山形市桧町2丁目9-3

023-681-4709

太陽光発電

太陽光発電

山形で太陽光発電を! ふりそそぐ太陽の光をエネルギーに
山形で太陽光発電を! ふりそそぐ太陽の光をエネルギーに
  1. 太陽光発電が注目されているのはなぜ?

    現在、日本のエネルギー資源のほとんどが諸外国からの輸入!
    太陽光発電は将来の国産エネルギーとして大きな期待が寄せられています!

    発電イメージ
    太陽光発電3つの特徴
    太陽光エネルギーだから資源枯渇の心配がない!!
    発電の際に、二酸化炭素を全く排出しない!
    地球温暖化対策のクリーンエネルギー
  2. 太陽光発電のしくみってどうなっているの?

    電気を発電

    屋根に取り付けたモジュールで太陽光エネルギーから電気を発電します。

    電気を集める!

    モジュールからの電気を接続箱に集めて、パワーコンディショナーに送ります。

    電気を変換!

    モジュールで発電した電気をパワーコンディショナーで家庭用の 電気に変換します。

    電気を分配する!

    屋内分電盤から各電化製品に電気が分配されます。

    太陽電池モジュール

    太陽の光エネルギーを電気に変換する装置

    接続箱

    太陽電池からの直流配線を1本にまとめ、パワーコンディショナーに送るための装置

    パワーコンディショナー

    太陽電池で発電した直流電力を、家庭で使える交流電力に変換するための装置

    分電盤

    家の配線に電気を分ける装置

    電力量計

    電力会社に売った電気や買った電気を計量するメーター

    太陽電池モジュール
  3. 環境にいいのはわかるけど、設置費用はどれくらいかかるの?

    設置費用は、約200万円台(工事費込み)

    ※ 設置価格は、ご自宅の屋根材の種類や形状、面積、設置kW数によって変わります。
    村山地域地球温暖化対策協議会で設置補助(H17~H20) をした家庭の1 kW当たりの設置費用の平均は、約35万円~40万円

  4. どのくらい発電するの?

    発電量は、日射量に大きく影響されます。雨が少なく日射量の多い季節はたくさん発電します。
    しかし、真夏などの気温が高い季節はモジュールの温度が上がりすぎて効率が下がります。
    一年のうちで最も発電効率がよいのは、5月や6月であるという結果が出ています。

    どのくらい発電するの?
  5. 雪国山形で、冬は発電するの?

    冬期間の発電量は低下しますが、ゼロではありません。
    降り積もった雪が融け始めると、たとえ低温でも発電し始めます。また、発電用のモジュールは鏡のようにつるつるしていて、雪が落ちやすい設計になっています。

  6. あまった電気は電力会社が買ってくれる!!

    10kWh未満の太陽光発電の場合

    1kWhあたり30円(税込、出力制御対応機器設置あり)買い取り期間は10年間です。

    10kWh未満の太陽光発電の場合

    1kWhあたり30円
    (税込、出力制御対応機器設置あり)
    買い取り期間は10年間
    です。

  7. 省エネ・環境への意識が高まったとの声!

    太陽光設置後、エネルギーを意識すようになった方々、80%!
    家庭内に設置するモニターにより、リアルタイムで電気の使用量や発電量が表示されるため、「太陽光を設置してから、家族の節電や省エネ意識が高まった」との声をいただいています。

    省エネ
  8. 停電時にも使えるようにするには?

    停電時に太陽電池モジュールで発電した電気を使用する場合には、自立運転コンセントが必要です。自立運転コンセントを設置される場合、メーカーや機種により操作方法が異なるので、いざという時にスムーズに使用できるよう取扱説明書を読んで操作できるようにしておきましょう。

  9. 設置の際は補助金が受けられます!

    山形県では、10kW未満の太陽光発電設備を設置される場合、1kWあたり2.5万円(上限20万円)の補助金を交付します。

五十嵐吉蔵商事は地球に優しい暮らしを目指し、太陽光発電の導入をサポートするため村山地域地球温暖化対策協議会に所属しています。

“電気を買う生活” 見直さない? 答えは、Q。詳しくはこちら
“電気を買う生活” 見直さない? 答えは、Q。詳しくはこちら

トップへ戻る